デザイナーズハウスで高気密・高断熱・高耐震・高性能の長期優良住宅。そんな家を、建築家と安く建てる。 R+house [アール・プラス・ハウス]名古屋西のホームページです。

R+house 名古屋西 R+houseとは アトリエ建築家 省エネルギー性 健康性 耐震性 価格の秘密 価格実例集 アトリエ建築家と作る施工例 お客様の不安を解消! ファイナンシャルプラン相談 会社概要 新着情報 資料請求
  • mode
  • 会社概要
  • 新着情報
  • 資料請求
新着情報
2016-03-25 :

チョコレートの意外な話

実は バレンタインデー 症候群という 病気があるのです

原因はどんなことが考えられますか?
①金属アレルギー
チョコレートはニッケルの含有が多いため、チョコレートを食べると、金属アレルギーを起こし湿疹は悪化します。

②チラミン
チョコレートにはチラミンという血管性浮腫(細い血管から血液が漏れ出て腫れ上がる)を起こす物質が含まれています。
チラミンは血管の収縮を起こし、効果が切れると急激に血管の拡張が起こります。これによって、粘膜が腫れたり、蕁麻疹が起きたり、頭痛が起きたりします。
食べ過ぎると鼻の粘膜が腫れて鼻血を出し、腸の粘膜が腫れて腹痛や嘔吐、下痢を起こすことがあります。

③カフェイン
チョコレートには、コーヒーと同様に多くのカフェインが含まれています。神経興奮作用があります。

④テオブロミン
テオブロミンは、テオフィリン(気管支喘息治療で使われる気管支拡張剤)と同じ仲間の成分です。多量に摂取すると、興奮し、吐き気、頭痛などの症状が出ます。また、テオフィリン製剤の使用中に摂取すると、興奮、吐き気、頭痛などテオフィリン製剤の副作用が出やすくなります。

⑤トランス脂肪酸
チョコレートには、多量のトランス脂肪酸が含まれています。
チョコレートをたくさん食べることで、脂肪酸代謝が阻害されて、免疫力低下、アレルギーの悪化、成長障害を起こします。
Q4. バレンタイン症候群を防ぐためにはどうしたらよいでしょうか?
まずは、チョコレートの食べすぎに気をつけることです。
もし、上記に記したような症状が出るようでしたら、早めに医師に相談しましょう。

スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Secret

R+house 名古屋西店

〒454-0825

名古屋市中 川区好本町2-19

TEL 052-361-6771