デザイナーズハウスで高気密・高断熱・高耐震・高性能の長期優良住宅。そんな家を、建築家と安く建てる。 R+house [アール・プラス・ハウス]名古屋西のホームページです。

R+house 名古屋西 R+houseとは アトリエ建築家 省エネルギー性 健康性 耐震性 価格の秘密 価格実例集 アトリエ建築家と作る施工例 お客様の不安を解消! ファイナンシャルプラン相談 会社概要 新着情報 資料請求
  • mode
  • 会社概要
  • 新着情報
  • 資料請求
新着情報
2015-10-08 :

ガイアの夜明け マイホームを守れ!


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 10月6日放送 第386回
マイホームを守れ!
~“我が家”の崩壊に立ち向かう~

住宅ローンを返済できず自宅が競売にかけられるケースが急増している。不動産競売流通協会の調べによれば今年7月の全国における競売件数は前年同月比70%増の7000件を超えた。その背景にあるのは、昨年のリーマンショックから続く未曾有の経済不況。最初の数年間は低金利で、一定期間たつと金利が上がるステップ型の住宅ローンを組んだものの、思ったように給与やボーナスが上がらず返済に行き詰まるケースが増えているのだ。中にはリストラで失職し、住宅ローンが払えなくなった挙句に家も仕事も失い、残債を抱え路頭に迷ってしまう人もいる。特に1998年秋、当時の住宅金融公庫によって組まれた年2.0%という史上最低の貸付金利のローン商品の返済が、10年間の据え置き期間を終え金利が年4%に上がり始めたため、返済に窮する人が激増するのではと予測されている。一方、派遣切りなどで寮を追い出され、住む場所をなくした人々“ハウジングプア”の問題も深刻化している。政府は一部の公団住宅を開放する政策を打ち出したが、抜本的な解決にはほど遠い。
住宅を持つもの、持たざる者、それぞれが危機的な状況を迎える中、果たして有効な打開策を見出すことができるのか?マイホームを守るためにどうしたらいいか?



スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Secret

R+house 名古屋西店

〒454-0825

名古屋市中 川区好本町2-19

TEL 052-361-6771